新商品開発支援

山下鈑金工業の新商品開発支援

山下鈑金工業ではこれまでのCADデータ作成のノウハウや、試作金型、板金加工のプロフェッショナルとして、最適な製造工程のご提案など、様々な提案を行っております。お客様と納得のいくまで打ち合わせをさせて頂き、お客様のアイディアを具現化します。

打ち合わせはとことんやります!

打ち合わせはとことんやります

山下鈑金工業でお客様の想いと製品を大切にするため、不良率ゼロを目指し挑戦し続けています。実際にお客様からのクレームはほとんどありません。それを可能にしているのは、お客様との打ち合わせです。 「板金の事が良く分からないんだけど・・・。」「途中で変更点がでてきそう」
不安もあるかもしれませんが、一緒に、納得のいく製品作りをしていきましょう。製品が出来るまで、何度でも、打ち合わせをさせていただきます。その製品が本当にお客様にとって必要であるか。それが大切です。

CADデータの作成

CADデータの作成

デジタルツールを使い、試行錯誤や検討工程の効率化と時間の短縮を図ります。
最初は紙に書いたラフ画、更には頭の中にある、といった状態でも構いません。山下鈑金工業ではデジタルデータであるCADデータの作成からお手伝いします。デジタルデータだから、実際の加工に入る前に試行錯誤を重ねる事が出来ます。試作加工費を減らして、時間の短縮も図れます。
画像の取り込みによるレーザーデータ作成もでき、デザイン通りに制作が可能です。

開発支援事業の流れ

お問い合わせ
まずはお問い合わせ下さい。メールでも電話でもFAXでも対応いたします。
打ち合わせ
最初の打ち合わせ。頭の中のイメージだけでも、一緒にラフ画からデータを作り上げていきましょう。
工程検討、見積もり
打ち合わせの内容から、製造の工程を検討し、見積もりを作成します。
手配、素材類発注
見積もりの内容の打ち合わせ後、自社の工程の手配、素材類の発注をかけます。
3Dデータによるデザイン作成
実際の工程に取り掛かる前に、PCで設計をしていきます。3Dデータ上でうまくいくように試行錯誤を重ねます。
金型完成
データ上でOKが出れば、量産も視野に入れた、型の作成に取り掛かります。
プレス成形
金型からプレス工程に移ります。プレス機も備えておりますので、社内で成形が出来ます。
レーザー加工、板金加工
プレス成形が終わった部品をレーザー加工、板金加工を行います。ここで部品は完成です。
組立、溶接加工
部品を組み立て、溶接していきます。自社に溶接の設備もありますので、一貫した生産が可能です。
品質検査
図面どおりに製作されているか徹底して確認しております。
試作品完成
試作品の完成です。最初の打ち合わせ通りの物が出来る様、最後までお付き合い致します。

ISOの取得に関して

開発事例の一部を紹介します。自社でデザインから作ったものは社内にも置いてありますので、実物をご覧になりたい方は、一度見学にご来社下さい。詳しいご説明もさせて頂きます。

観覧車

閉園になったドリームランドの観覧車
詳しくはこちら

賽銭箱

展示会用に作成した賽銭箱

路面採掘機の一部

弊社が関わった路面採掘機の一部